火の通りが見えない料理が苦手

今日は朝から洗濯を済ませ、ルンバを走らせ、ルンバのない階をコードレスクリーナーの充電が切れるまで(すぐ切れた)掃除してからお買い物に出かけました。

本当なら明日コープデリが来る日なので、1日買い物しないで我慢したかったのですが、娘さんのお弁当日の前日なので仕方ありません。

なんだかコロナのせいで、月に1回くらい学校の給食がない日が登場し、お弁当の日になってしまったのよねぇ。

それに加えて月に1回くらい、土曜日も学校になってしまって娘さんも大変なので、お弁当のおかずは娘さんのリクエストを聞くようにしているのです。

好きなものの方がテンション上がるだろうし。

そんなわけで、事前に娘さんにヒアリングを行いお弁当のリクエストをとってみたところハンバーグが良い、とのこと。

でも先月もハンバーグだったような気が……まあいいけど。

目次

実はハンバーグを焼くの苦手です

ハンバーグも煮込みハンバーグと、普通に焼いたのとありますが、娘さんは焼いた方がお好きなご様子。

対する私は、煮込んだ方が好き……というか作りやすい。

うーんなんというか薄い肉を焼いたり炒めたりするのは良いんです。

ただハンバーグとか中が見えない、そして厚みがあるものを焼くのって、ちゃんと中まで火が通っているのかよく分からないので苦手。

煮込みハンバーグならバーミキュラでコトコト時間かけて煮るので、確実に火は通ってるの分かるし、放っておけばいいので楽だし……。

ハンバーグと同じ理由で唐揚げとかトンカツも苦手だったのですが、最近なんとなくトンカツと唐揚げは克服しました。

音と時間よ! コツは音と時間!

表2分裏3分くらいあげて、音が変わったらきっと大丈夫!

実際これでここ最近のトンカツは全部成功させている私がいうので間違いない。

唐揚げは2度揚げすれば大体大丈夫!

でも二度目に揚げる時はめっちゃ油跳ねするから気をつけてね!

それでもやっぱりハンバーグは苦手なのよねぇ……。

旦那は、

「串刺して透明な汁出てきたら大丈夫」

っていうけど、やっぱり自分の目で中身を見ないと信用できない。

なので私がハンバーグ焼くと、一個は必ずフライ返しで真っ二つにされたのが出現します(ズボラはフライパン上の物を切るのに包丁など使わない)。

たまにそれで中身が生だと、さらに火を通したあとでもう一回分割されたりするので、3つに分けられてしまったハンバーグとかも出現します。

でもハンバーグ3つに分割するくらいで安心できるなら良いと思うの。

なので私はこれからもきっと不審げな顔をしつつハンバーグを分割し続ける生活を送って行こうと思います。

なんかこースパッと成功させるすごい技とかあればいいのにねぇ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる