娘さん、スギ花粉症のためアレルギー舌下療法を開始する

アレルギー舌下療法のための血液検査を受けた娘さん。

この血液検査でスギ花粉のアレルギーであることが判明すれば、保険適用で舌下療法を受けることができます。

さいたまだと中学校卒業まで医療費が無料なので! 今のうちに! なんとかなれ!

そして前回の血液検査の結果が出たので、いつもの小児科に行ってまいりました。

目次

アレルギー血液検査結果

結果の用紙を見てみると、他の花粉だとか食べ物、ダニ、ハウスダストの類はクラス0でアレルギーの心配なし。

そして1種類だけ突出してお高いクラス3。はいスギです。スギ花粉。花粉症決定の瞬間です。

ほかの項目は全部クラス0なのに、本当にスギだけギュイーンって高かった……そうか3月くらいに毎年起こっている、朝の鼻グズグズしていたのはやはり花粉だったのか……スギが原因だったのか……。

こりゃ確実にスギの花粉症だということで、無事(?)に舌下療法を開始することが決定いたしました。

最初の一錠は病院で

アレルギー舌下療法は1日1回、毎日スギ花粉のエキスが入った薬を飲みます。飲むというか、舌の下で溶かす感じ。

最初の1錠はアレルギー反応が出た時に備えて病院で服用し、30分ほどその場で様子を見るのね。

一応娘さんは本とかあれこれ暇つぶしの道具を持ち込んでいたので、暇だと騒ぐことなく過ごすことができました。

この時間の間、耳鼻目が痒くなったりする反応が出ることがあるらしいのですが、娘さんは幸い、反応が出ることもなくケロリとした状態で過ごすことができました。

今日飲んだのはシダキュア2000という薬です。

これから1週間は同じ薬を飲み続けますが、学校で反応が出ても困るので夕方か夜。激しい運動の前は避けるとのことなので、我が家では夜飲むことに。

この薬を1週間飲んだ後は、薬の種類がシダキュア2000からシダキュア5000という、ちょっと強い薬に変更になり、その後はずーっと5000を飲み続ける感じ。

多分これ最低でも3年くらいは飲み続ける必要はあるし、確実に花粉症が治るという確証はありません。

3年飲んだ後も、その時の症状によっては続行かもしれませんし、全く改善されなかったら諦めることになるかもしれない……。

それでもTwitterやらでみると、症状が劇的に軽くなったという方もいるので、治らないまでも少しは良くなると良いなぁ。

娘さんは今日の分は飲み終わったので、明日からいよいよ完全に自宅でのスタートです。

この薬、毎日飲まないとならないので、飲み忘れない方法をなにか考えないとなぁ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる