夏休み、作文の宿題に親子で難儀した日

多分夏休みが始まってから何度も何度も書いていますが、とにかく今年は宿題が多い。

多分夏休みの宿題でこんなに困らされたのは初めてかもしれません。

宿題そのものに時間がかかるならまだしも、勉強以外のところに時間を取られるものが多くて、夏休みにやろうと思っていた英検対策に全く手が回っていません。もう夏休みは諦めるか……。

目次

一番の問題は漢字の復習

多分今年の夏休み宿題のなかでの一番の難物は間違いなく、1学期で習った漢字の復習です。

最近の小学生の漢字って、漢字ドリルとそれに対応した漢字ドリルノートっていうのがあって、それを利用するのですよ。娘の学校だけかしら。

でもお友達が通っている学校も使っているから、さいたま近隣の風習なの? 

漢字ドリルノートって、習う漢字が1文字1文字読み方、書き順、熟語と練習用のマスがあったり、薄く書いてあるのをなぞったり。

今年の宿題はノートを1冊新しいのを買って、漢字ドリルノートの形式通りにマス目を引いて全文字練習しろと……何とめんどくさい。

思わず何かの聞き間違いなんじゃないかと思って、何度も内容を娘さんに確認してしまったよ。もう漢字ドリルノートもう1冊くれればやるから。線引きは頼むから勘弁して。

確か数年前、連絡帳にマス目引かせてネットで話題になったのもさいたまじゃなかったっけ? 

こーゆー無駄なこと好きよね……幸い私は連絡帳のマス目は引かなくてよかったけど。

作文と星の観察

他にも1日2回も夜外に出ないとならない、しかも天気でないと見えない星の観察を3日分とか(私は目が悪くて星が全く見えない)、夏の作品制作は1人必ず1つ提出とか……。

中でも今回時間がかかってしまったのが作文。

旦那と娘が立てた宿題計画では、この作文にまるまる1日取られており、

「そんなにかからないやろー」

とナメてかかっていた私はちょっと反省しろ。

午前中から始めてお昼休憩挟んでおやつ前くらいまでかかってるじゃんか。小学4年生に1つのテーマで原稿用紙3枚以上はなかなかしんどいぞ。1200文字くらいかー。

この長さになると、何も考えずにいきなり原稿用紙に書き始めるとすぐに書くことがなくなるのは目に見えているので、まずはメモ作り。

必死に娘を誘導して作文形式になるように出来事を羅列させるのです。

こんな長さを娘の意のままに書かせていたら、多分すぐに書くことがなくなってヒスり出して面倒なことになるのは目に見えているのです。

私は宿題よりも家庭内平和を望むのでこの宿題に関してはバリバリ手を出すぞ。

なーに内容とか出来は別に……とにかく提示された規格に沿ったものを提出すればいいんですよ。平和のためには他は妥協します、多少は。

作文ってそんなに必要?

作文のテーマは何でも良いということでしたが、夏休み明けに提出する作文の宿題なんて、大抵「夏休みどこに行ったか」とか「夏休みどう過ごしたか」だと思うのね。

今年は緊急事態宣言も出て子供もホイホイ遊びに行けないんだから、作文は宿題に入れなくてもよかったのではないかしら……まあ夏休み前は宣言出てなかったからわからないか……。

さて本日の娘さんの宿題は漢字と算数、自主学習の進研ゼミ1ページです。

簡単そうに見える量ですが、漢字がエグい量なので多分2時間コースです。やってらんねー。英語、英語やらせたいんだ私は。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる